クラウドとは


クラウドとは「クラウドコンピューティング」や「クラウドサービス」の略称で、インターネットに接続することを前提とする各種のサービスのことです。

主体がインターネットの向こう側にあり、利用量に応じて柔軟にキャパシティを増やせることが特徴といえます。サービスは、コンピュータリソースだったり、アプリケーションだったり、OSであったり、様々なものを提供しています。

そこからクラウドの意味も人によって様々な捉え方をされているようです。
例えば、

  • メールやカレンダーといったグループウェアなどのように捉えている
  • データを保存するストレージのように捉えている
  • 開発環境のように捉えている

などなど…。

言葉のみでみると、それらは別個のものであり、とても同じ「クラウド」を指しているようには見えないかも知れません。

しかし、実はこれらは全て「クラウド」を指しています。
「クラウド」で表す意味の範囲はとても広く、幅広く様々な意味で解釈されています。
そのため実際に仕事上の会話で利用する場合、現在では、利用形態によって分類した用語が使用されます。

それが、「IaaS」 「PaaS」 「SaaS」 に当たります。

この記事では 「IaaS」 「PaaS」 「SaaS」 それぞれの概念や、メリット・デメリットについて解説していきます。

IaaS (Infrastructure as a Service)とは


IaaSは「Infrastructure as a Service」の頭文字を取った略語で「イァース」もしくは「アイアース」と読みます。

情報システムの稼動に必要な仮想サーバをはじめとした機材やネットワークなどのインフラを、インターネット上のサービスとして提供する形態のことを指します。

これまでのホスティングサービスと言われるサービスと提供範囲の区分は同じですが、
IaaS の場合、サーバを利用する際に必要なハードウェアのスペックやOSを、ユーザーが自由に選定して、ネットワーク経由で利用することが可能です。

IaaS のメリット・デメリット

IaaS を利用する上でのメリットとデメリットを紹介します。

自由度が高く環境構築がしやすい

システム管理者の負荷軽減

IaaS は環境構築の自由度が非常に高いため、カスタマイズ性に富んでいます。
CPU やストレージなどのスペックも、ユーザーが必要なタイミングで必要な分を自由に選んで利用することができるので、様々なニーズに対しコストを最適化しながらシステムの開発・構築が可能です。
また、OS や インフラ部分についてはプロバイダー側にお任せできるので、システムの管理部門にとって大きな負担軽減につながります。

× 構築に専門性が必要

× メンテナンス範囲が広い

IaaS は、プラットフォームやプログラミング環境の構築を自社で行う必要があるため、専門知識を有するエンジニアが必ず必要になります。
また、メンテナンス範囲も広いので運用負荷は高くなってしまいます。
カスタマイズ性は高いですが、あくまでもコンピューティングリソースをクラウド上で使えるサービスであり自社で管理しなければならないのは PaaS やSaaS と比較すると管理コストは高いと言えるでしょう。

IaaS の活用事例

実際に IaaS を導入し、業務改善に成功した企業の活用例についてご紹介します。

活用事例  広告・デザインA社

A社は、サービスの拡大とともにデータセンターのトラブルが増え、それに対するサポートが遅延気味になり、結果サービスの品質低下に悩まされていました。

また、データセンターの問い合わせ窓口がメールのみで、回答がいつ返ってくるか分からない状態でした。

この状況を改善すべく、クラウドサービスと専用サーバーサービス導入を決めました。

その結果、パフォーマンスの向上により、翌日の昼過ぎまでかかっていたレポート作成が、朝9時には提供可能な状態に改善することができ、顧客満足度の大幅な向上に成功しました。
また、全てのセクションの作業効率が向上したことにより、運用管理者の作業負担の大幅な軽減につながり、サービス全体の品質向上を実現しました。

PaaS (Platform as a Service)とは


PaaS は「Platform as a Service」の頭文字を取った略語で「パース」と読みます。

アプリケーションソフトが稼動するためのハードウェアや OS などのプラットフォーム一式を、インターネット上のサービスとして提供する形態のことを指します。

PaaS は、エンドユーザにオンライン上でサービスを提供する SaaS の考え方をさらに深化させたものとなり、プラットフォームを大規模なデータセンターなどに用意して外部に開放し、主に企業などのユーザーが、その上にサービスを開発するものになっています。

開発者は、あるシステム設計に沿った方法でアプリケーションを開発できるので、コストを抑えてかつ早くシステム開発をおこなうことができます。

PaaS のメリット・デメリット

PaaS を利用する上でのメリットとデメリットを紹介します。

サービス・アプリケーションの開発に専念できる

初期費用や時間コストの削減が可能

PaaS は、クラウド環境のサーバー、OS、ミドルウェア、データベースなど、アプリケーション開発に必要な環境が揃っている(開発環境がプラットフォーム化されている)ため、インフラの設計や保守・管理を気にすることなくサービスやアプリケーションの開発に注力することができます。

また、いきなりアプリケーションの開発を開始することができるのでインフラ構築に関わる初期投資やリードタイムを抑えることができます。

× 開発の自由度が低い

メリットの多い PaaS ですが、最大の障壁は開発環境のカスタマイズ性の低さにあります。
インフラがプラットフォームとして開発環境に組み込まれてしまっているので CPU やストレージの選択ができなかったり、言語やミドルウェアが非対応だったりと、開発の要件を満たすことができないケースが多々あります。

PaaS の活用事例

実際に PaaS を導入し、業務改善に成功した企業の活用例についてご紹介します。

活用事例 製造業T社

T社では、以前よりシステム調達、管理などの業務も全て1人で担当していたため、非常に負荷がかかり、本来の業務に集中できない状況が続いていました。

そこで同社は、まずは運用負荷の軽減を第一目標に掲げ、続いて可用性の向上、拡張性の確保、調達時間のリードタイムの短縮を目的として PaaS の活用を検討しました。

第一に行ったのは、従来はオンプレミス環境で運用していたグループウェアとテレビ会議システムの改修で、移行先として Google App Engine(GAE) を採用。

GAE を導入したことにより、導入前と比較して運用負荷が約50%削減に成功し、運用担当者がシステム運用から解放され、別業務へシフトし、さらなるIT戦略の推進に向けて取り組むことが可能になりました。

SaaS (Software as a Service)とは


SaaS とは、「Software as a Service」の頭文字を取った略語で「サース」と読みます。

これまでパッケージ製品として提供されていたソフトウェアを、インターネット経由でサービスとして提供・利用する形態のことを指します。

SaaS の特徴としては、以下のようなものが考えられます。

  • データをインターネット上に保存することができる
  • PC、スマートフォン、タブレットなど端末を選ばずにデータにアクセスできる
  • 複数の人間が同一データを共有し、更に編集もできる

SaaS のメリット

SaaS を利用する上でのメリットとデメリットを紹介します。

必要なサービスをサブスクリプションですぐに利用できる

時間・場所を気にせず利用できる

管理が不要、運用は全てプロバイダーにお任せ

SaaS はプロバイダーが提供するアプリケーションやサービスをアカウントを開設するだけでいつでもどこでも利用できるので開発コストやリードタイムを消費せずに簡単かつスピーディーに導入できます。
また料金は従量課金もしくは、サブスクリプション方式の場合が多く、初期費用をかけずに必要なリソースを享受することができます。
管理やアップデートも基本的に全てプロバイダーが行ってくれるので、運用面でのコストも必要ありません。

× カスタマイズができない

× データの移行が困難

SaaS のデメリットとしては基本的にはサービスのカスタマイズはできない(もしくはプロバイダー側によって明確に制約が設けられている)ので、自社の運用要件をサービス側に合わせてカスタマイズする必要があることが多いです。
当然サービス同士での連携は期待できないので、もしサービスを移行するとなると、データの移行に際し大きな手間とコストを要する可能性があります。

SaaS の代表的なサービス

代表的な SaaS のサービスとして以下のサービスが挙げられます。

  • Office365
  • Gmail
  • Dropbox
  • kintone(キントーン)

SaaS は非常に多種多様なサービスが存在しますが、多くはサブスクリプション(月額課金)の料金体系を採用しています。

そのため、「とりあえず一ヶ月お試しで使ってみる」といった運用が可能です。

SaaS の活用事例

実際に SaaS を導入し、業務改善に成功した企業の活用例についてご紹介します。

活用事例 電機メーカーY社

Y社は、営業活動で訪問する顧客数の増加に伴い、営業日報の作成等の作業負担の増加や、メール、Excelなど管理するツールが増えたことによる煩雑な管理状態が、営業マンにとって負担となっている状態でした。

この点を改善するために、同社では SaaS であるクラウド業務管理システムを導入することを決めました。

自社専用にカスタマイズを行い、導入した結果、営業日報のフォーマットが統一され、作業時間が短縮、報告内容も充実するようになりました。

さらに、クラウド型業務管理システムを使用することにより、顧客ごと、商談ごとの検索が容易になり、管理・可視化が非常に楽になりました。

また、業務管理システム上のデータは、関係者全員で共有することが可能となり、部門ごとの連携もスムーズになり、納期の短縮を実現しました。

まとめ (図解)

IaaS、PaaS、SaaS の区別についてまとめると、ソフトウェアサービスを提供するのに必要な構成要素の提供段階によって区別することができます。

その構成要素は大きく分けて、ネットワーク、ハードウェア、オペレーティングシステム(OS)、ミドルウェア、アプリケーション、の5つに区分されます。

基本的にはこの5つはこの逆順に依存関係にあります。アプリケーションはミドルウェアが無いと動作せず、ミドルウェアはOSが無いと動作しない、ということを覚えておくと良いでしょう。

図解: IaaS,PaaS,SaaS

SaaS は5つの要素がすべて含まれており、近年最も利用されているクラウドサービスです。

SaaS を導入することで、ソフトウェアを購入・インストールするコストや時間、セキュリティの問題などが大幅に改善され、ユーザーのサービス利用におけるハードルが劇的に緩和されるようになりました。

よりインフラ視点からの理解を深めるために、SaaS、PaaS、IaaS の各サービスやクラウドサービスごとに比較するのもおすすめです。

弊社が提供する無料のダウンロード資料では、Google Cloud の主要プロダクトの特徴や Cloud Ace が提供できること等、弊社独自のコンテンツをご紹介していますので、是非検討用の資料としてお使いください。

【そのほか参考に】

合わせて読みたい