ニューノーマルでもSI2.0で日本企業は強くなる! 「セブンセントラル」が挑んだデータ活用のレジリエントな未来

株式会社セブン-イレブン・ジャパン

株式会社セブン-イレブン・ジャパン

  • 技術支援・開発
  • 流通・小売

(左から)株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
システム本部 副本部長 西村 出氏
システム本部システム企画部 佐藤 毅氏

クラウドエース株式会社
コンサルティング部 部長 菊地 正太氏
システム開発部 山内 沙織氏

この度、株式会社セブン‐イレブン・ジャパン様(以下 SEJ )とクラウドエースが取り組んだ「セブンセントラル」は、今後中長期を見据えた  SEJ の IT 戦略を支える基盤のスタートとして始まったプロジェクトです。

課題として、例えば POS データがこれまで様々なところに散在している状態でしたが、ひとつのデジタル基盤の中にリアルタイムで保存し、有効に活用していくことを目標としています。

これらを実行する上で以下の 3 つの原則があります。

・データに汎用性があること
・データに即時性があること
・セブン-イレブンのオリジナルであるということ

データの汎用性や即時性が重要なのは当然ですが、特に注目していただきたいのは 3 つ目の「セブンイレブンのオリジナルであるということ」です。

自社のビジネスの大きな武器となるノウハウは、自社にしか分からず、自社だからこそ作りあげられるものではないでしょうか。

過去の教訓を生かした IT 投資の大きな決断とシステム部門の挑戦が、この事例から伺えます。

今回のプロジェクトはクラウドエースが提唱する SI2.0 を象徴するようなシステムインテグレーションの形となっています。(SI2.0 についての詳細はこちら https://www.cloud-ace.jp/lp/si2-0/)

プロジェクトの本格始動のタイミングで新型コロナウイルス感染症の世界的な流行が起き、本来常駐することも予定されていましたが、リモートで開発を進めて行きました。その中で、SEJ 側としての意思決定やプロジェクトの方針、また Slack等のコミュニケーションツールをユーザー企業側でリードして導入したことはのまさにニューノーマル時代のアジャイル開発を実践することとなりました。

結果的には、その新しい環境や常識が日本企業にとってレジリエントな未来を築くチャンスであることに気づきました。

〈本事例のポイント〉

1.プロジェクトの経緯とその後の流れ

[ 続きを読む ]

[ 続きを読む ]