Google Cloud Cortex Framework とは?SAP ユーザーのモダナイゼーションを加速する新基盤

  • Google Cloudに関する記事
4min

こんにちは、クラウドエース編集部です。

2021年10月12日にリリースされた Google Cloud Cortex Framework(以下、 Cortex Framework )。Google が打ち出したこの新しいプラットフォームは、「SAP ユーザーがクラウド・モダナイゼーションに必要な、ソリューションの設計・構築・デプロイをより簡単に行うためのもの」と説明されています。

今回はそんな、Cortex Framework というプラットフォームの概要やその有用性をご紹介します。

Google Cloud Cortex Framework とは?

Cortex Framework とはSAP 環境などにおいて、事前定義されたデータ分析のフレームワークを用いて、広範囲のデータ収集、分析、レポートを素早く行うためのツールです。

製造、小売、医療などあらゆる業界ですぐにでも利用可能なフレームワークを備えており、データ分析システムの構築にかかるコストやリスクを低減しながら、ビジネスや製品開発に重要な情報を整理するための基盤を整えられます。

そんなCortex Framework の最初のリリースでは、SAP 環境の構成要素やデータ基盤のフレームワークを提供し、SAP ユーザーのモダナイゼーションを加速する機能が備わっています。

  • スケーラビリティに富んだデータ・クラウド・プラットフォームによる、 SAP と SAP 以外のデータを最良の形で組み合わせる
  • 定義済みの BigQuery 運用データマートと、 CDC (変更データ・キャプチャ)処理スクリプト
  • BigQuery ML テンプレートを使用した高度な機械学習

たとえば、Google Cloud を構成する ビジネス・インテリジェンス・ツールの Looker を、SAP と連携させるダッシュボード・テンプレートが提供されています。これを使用すると、SAP ユーザーは販売・通モン・製品・顧客やその他さまざまなデータに関する分析情報を瞬時に得ることが可能です。

しかしこれは、 Cortex Framework のほんの一部に過ぎません。Google はこの新しいプラットフォームにたいして「コンテンツファクトリー」というコンセプトを持っています。

どのようなユースケースにも対処できるよう拡張性が高く、ベストプラクティスや業界特有のシナリオを組み込み、Googleの多種多様なビジネス経験を積み重ねて常に進化し続けるプラットフォームなのです。

Cortex Framework のメリット

Google では、Cortex Framework の利用によりSAP ユーザーとその他のユーザーは次の3つのメリットが得られると考えています。

ビジネス・アウトカムの加速

活用しやすいシナリオ主導型のリファレンス・アーキテクチャと、当て推量なデプロイを防ぐコンテンツを提供しています。Google Cloud とそのパートナーにより提供される、業界・業種別のサンプル・ソリューションや、パッケージ化されたサービスを用いることでビジネス・アウトカムを素早く獲得し、価値を増大します。

リスク、複雑性、コストの減少

Google Cloud とそのパートナーを利用して実績のあるテンプレートを採用することで、業界内で最も高度なクラウド・ネイティブ機能を実装することができます。しかも、自社での開発と比較して圧倒的なスピードと低コストでのデプロイが可能です。関連性が高いデータを正確に取得・分析し、ビジネス・プロセスの改善に貢献することで競争優位性を確保し、付加価値の高い機能・サービスを顧客に供給することができます。

スケーラブルな技術戦略のための起点の確立

将来のイノベーション実現のために、再利用できるデータと分析アーキテクチャを基盤に標準化を進めることができます。現在と、将来で変化するあらゆるシナリオに対応するために必要な設計と構成要素を提供し、ビジネスの目標をサポートするために欠かせない技術のデプロイが可能です。

以上のように、 Cortex Framework の基本は「既製パッケージを活用したアプローチ」であり、クラウド・モダナイゼーションやイノベーションを実現するにあたり、ゼロからのスタートを強いられることはありません。では実際に、Cortex Framework を実際に活用しているユーザーの声をご紹介します。

アクセンチュア Google ビジネス・グループリーダー、Tom Stuermer 氏
「当社では自社のアセットと(Cortex Framework の)業界ソリューション・モデルを一貫したアーキテクチャに整理したことにより、当社クライアントのビジネス・アジリティ加速、親密な関係、リアルタイムの意思決定を推進できるようになりました。」

 Infosys データ分析担当 SVP 兼ビジネス責任者、Sunil Senan 氏
「Cortex Framework は Infosys Cobalt を補完するものであり、SAP 、データ分析、Google Cloud といった広範囲な機能が統合され、当社のクライアントはクラウドを迅速に導入し、ビジネス変革を推進できるようになります」

Cortex Framework により数十年分の革新を一瞬で

Cortex Framework のリファレンス・アーキテクチャを利用し、ビジネス・プロセスの改善やデータ分析の短縮化を実現し、事業部門責任者やサプライチェーンの専門家はこれまでになく短時間で重要なビジネス目標を達成できるようになります。

ただし Google は、「Google Cloud ユーザーが関心を抱いているのはデータ分析や同分野に適用されるシナリオだけではない」ということを理解しています。 Cortex Framework は将来的に消費者向けの業界シナリオを、より的確に実装するためのソリューションを提供する意向です。

前述のように、今回ご紹介した Cortex Framework の概要はほんの一部、ほんの始まりに過ぎません。将来的に拡張し続ける Cortex Framework の可能性にぜひご期待ください。

クラウドエースでは、 Cortex Framework を含めて Google Cloud 導入・活用の支援をワンストップでご提供しております。 Cortex Framework に興味を持たれた方や、 Google Cloud によるクラウド・モダナイゼーション、イノベーションが気になっているという方はぜひお気軽にご相談ください。

合わせて読みたい