こんにちは、クラウドエース編集部です。

近年目にする事が多くなってきた「クラウドサービス」という言葉。
実際の所、どういった意味なのか理解していない方もいるのではないでしょうか?
この記事では、クラウドとは何かを解説するとともに、対義語として用いられるオンプレミスについて併せて解説します。
また、導入に際して両者のメリット・デメリットについて詳しく掘り下げます。

クラウドとは


「クラウド(クラウドサービス、クラウドコンピューティング)」とはコンピューターやサービスの利用形態の一つです。

自社に専用のサーバーを用意したり、ソフトウェアを導入しなくても、ネットワーク経由でデータやソフトウェア・サービスを利用できるサービスを指します。

クラウドサービスはアカウントごとのIDとパスワードを用いて、各種端末(パソコン・スマートフォン等)とネットワーク環境がある場所ならどこでもアクセスできる利便性が最大の特徴です。

クラウドの誕生の背景

クラウドコンピューティングの概念

そもそもクラウドコンピューティングの概念は、1997年に南カルフォルニア大学の教授であったラムナト・チュラッパ教授によって提唱されました。
しかし、当時はあまり注目されることはなく、クラウドが本格的に注目されるようになるのは、9年後の2006年になります。

2006年にカルフォルニアで開催されたイベントで、Google社の当時のCEOであるエリック・シュミット氏が再びクラウドコンピューティングのコンセプトに言及しました。

クラウドが普及した要因

近年、クラウドサービスが急激に普及し始めたのは、IT運用への投資コストを削減し、柔軟性があり、統一性を持ったシステム運用が求める声が増えた為です。
クラウドサービスが普及する以前は、従来の自社運用の呼称は特にありませんでしたが、クラウドサービスと区別する意味で「オンプレミス」と呼ばれるようになりました。
オンプレミスについては別項目にて後述します。

代表的なクラウドサービス

Google Cloud(GCP)


「Google Cloud」はサービス名の通り、Google社が運営するクラウドサービスです。
Google Cloudは、Googleの提供するサービスをクラウド上で利用でき、実際にGoogle社内で利用されている技術やインフラを使用する事が出来ます。
Google Cloudに含まれる主要サービスの一例を紹介します。

  • Compute Engine
  • App Engine
  • Cloud Storage
  • Cloud SQL
  • BigQuery 

Google Cloudに関しては以下の記事で個別に詳しく解説しておりますので、是非参考にして下さい。
関連記事:https://cloud-ace.jp/gcp/

AWS(Amazon Web Services)


「AWS」はAmazonが提供している100以上のクラウドサービスの総称で、2006年からサービスの提供を開始しました。
15年以上サービスを提供してるだけあり、世界のシェア率はトップです。
AWSで利用できるサービスの一部を紹介します。

  • AmazonEC2
  • RDS
  • Amazon CloudFront
  • Amazon S3

AWSの特徴として新サービス・機能の追加が頻繁に行われる点です。
また、追加されるサービスの約90%はユーザーからの要望を反映しており、企業の姿勢が非常にユーザーファーストであることが伺えます。

Microsoft Azure


「Microsoft Azure(アジュール)」はMicrosoft社が提供するパブリッククラウドサービスです。
全てのユーザーが不便なく快適に利用できるように、全世界に55ヶ所にデータセンターを設置し、強力なグローバルネットワークをバックボーンに、ユーザーにクラウドサービスとして提供しています。

ちなみに日本にも、東と西に1拠点ずつ、計2拠点存在し、日本国内の多くのユーザーに利用されています。

オンプレミスとは?


クラウドサービスの対義語として挙げられるオンプレミスとは何かを解説します。
オンプレミスとは、自社内にIT設備としてサーバーやハードウェアを保有し、IT担当者がネットワーク環境の構築、システム設計・運用、サーバー保守などあらゆる事を行うことを指し、自社運用ともいいます。
現在、中小企業の多くはクラウドサービスへ移行しているケースが多い傾向にありますが、長年培った技術やノウハウを重視する歴史ある企業は、あえてオンプレミスを採用しています。

クラウドサービスのメリット

クラウドサービスを導入する際のメリットを解説します。

常に最新の状態を保ちメンテナンスが不要

クラウドサービスの大きなメリットとして、常に最新の状態のソフトウェアやサービスを利用できる点が挙げられます。

IT投資のリスクの軽減

サーバーの購入や定期的なソフトの購入などが発生しない為、全体的なIT投資へのリスクや負担が軽減出来ます。
また、各機器を自社で保有しない為、固定資産税がかからない点も経費削減に一役買っています。

社内IT担当者の負担の軽減

サーバーのメンテナンスやソフトウェアのバージョンアップなどの対応が基本的に発生しない為、社内のIT担当者の負担が大幅に軽減出来ます。
その分、IT担当者は別の作業に専念できる為、会社全体の業務効率の向上に寄与します。

物理的なスペースの確保が必要ない

オンプレミスは導入するシステムの規模にもよりますが、大がかりなサーバーマシンを導入するために広いサーバールームを確保する必要があります。
その点、クラウドサービスはサーバーはサービス提供側に設置されている為、物理的なスペースを確保する必要がありません。

クラウドサービスのデメリット

需要の高まるクラウドサービスですが、デメリットも存在します。
しっかりとデメリットを把握した上で、導入を検討しましょう。

カスタマイズの自由度が低い

自社で独自の基幹システムを運用した場合と比較すると、どうしてもカスタマイズの自由度が低くなってしまいます。
良くも悪くもクラウドサービスは既製品なので、用途によってはしっくりくるもの、こないものがあるでしょう。
しかし、例えば会計ソフトなどは細かくカスタマイズすることが可能なので、全てにおいて自由度が低いかと言えばそうではありません。

サービス停止・終了のリスクがある

あくまで可能性の話になりますが、クラウドサービスを提供している運営会社が何らかの事情でサービス提供の中止する場合があります。
また、クラウドサービスが稼働しているサーバーがネットワーク障害などで一時的に利用できなくなり、その間は業務に使用できないなどのリスクはあります。
これらは普通であれば頻繁に発生することはありませんが、導入前に事前にサービス提供元の実績や評判を確認する事で、ある程度回避できるリスクです。

オンプレミスのメリット

クラウドサービスと比較した場合のオンプレミスのメリットを解説します。

カスタマイズの自由度が高い

オンプレミスでのIT運用において、最大のメリットはカスタマイズの自由度が高い点です。
提供されるソフトウェア・サービスが完全な既製品であるクラウドサービスと違い、オンプレミスでは社内の技術者が自由に社内システムをカスタマイズする事が可能です。
その為、細かいカスタマイズを要求される企業ほど、クラウドサービスではなく、オンプレミスでの運用が望ましいケースもあります。

既存システムとの連携が容易

オンプレミスはカスタマイズ性が高い点もメリットとして挙げましたが、将来的に新しいシステムが導入されても柔軟に対応できる点も大きなメリットになります。
歴史の長い企業ほど、昔から培ってきた運用方法やノウハウ、使い慣れたソフトウェアがあるでしょうから、そういった企業は今後もオンプレミスでの運用が必要だと言えます。

オンプレミスのデメリット

同様に、クラウドサービスと比較した場合のオンプレミスのデメリットを解説します。

導入・維持コストがかかる

オンプレミスでのIT運用大きなデメリットとして、導入コストの高さが挙げられます。
サーバーや各種ソフトウェアのライセンスや、各種備品の購入。さらには、これらを構築する為のIT技術者の動員など、様々なコストがかかってきます。
また、導入の初期費用だけでなく、規模に応じた相当な額のランニングコストがかかってきます。

環境構築まで時間と手間がかかる

サービスを契約すればそれほど時間がかからず導入できるクラウドサービスと比較すると、オンプレミスはどうしても導入が完了するまで時間がかかってしまいます。
様々なシステムの選定から購入、担当する技術者の選定など、様々な点で時間を要する為、実際に運用を開始するまで数ヶ月以上かかることも珍しくありません。

まとめ

クラウドサービスにもオンプレミスにもそれぞれメリット・デメリットがあり、必ずしも一方が優れているというわけではありません。
確かに時代背景的にはクラウドサービスの需要が高まっていますが、企業のIT運用に対するスタンスにより、どちらを採用するのが最適か変わってきます。
それぞれの特徴を把握した上で、費用やセキュリティなど様々な観点から自社に合ったサービスを選択するのが重要です。

弊社クラウドエースは、Google Cloud の最も多くの認定を保有するパートナー企業として、これまで 1000 社以上の企業様に Google Cloud Platform(GCP)の導入支援を行って参りました。オンプレミスからクラウドサービスへの移行や、クラウド環境におけるシステム開発等をご検討中の企業様、ぜひ一度弊社までご相談いただけましたら幸いです。
(よろしければこちらより 弊社と Google Cloud に関するご紹介資料をダウンロードいただけますと大変嬉しく思います。)

Google Cloud と クラウドエース のご紹介資料

合わせて読みたい