こんにちは。クラウドエース編集部です。

導入する企業が近年増えているクラウド サービスの中でも、GCP(Google Cloud™)と Firebase™ の違いや主な機能などを解説します。クラウド サービスの導入をご検討されている企業の担当者様は、本記事を参考に Google Cloud と Firebase について理解し、ご検討してください。

「Firebase」は Google Cloud の一部サービス

Firebase は、近年人気が高いクラウド サービスの 1 つで、Google 社が提供する mBaaS(mobile Backend as a Service)です。

Firebase のような mBaaS は、フロント エンジニアに人気が高いクラウド サービスで、バックエンドをサービス プロバイダにフルマージドすることができます。

Google Cloud を含めた、さまざまな Google 製サービスと関係が深いクラウド サービスです。

Firebase とはどのようなもの?


Google 製のさまざまなサービスと関係が深い Firebase とは、どのようなクラウド サービスなのでしょうか。Firebase の概要を解説します。

アプリケーションや Web サービスのバックエンド サービス

アプリケーションや Web サービスを開発する際に用いる、バックエンド サービスが Firebase です。Firebase を開発に用いることによって、バックエンドの開発・管理をする必要がなくなり、アプリケーションや Web サービスの開発に専念することができます。

サービス開発のスピード感が求められることから、Firebase を含む mBaaS というクラウド サービスが近年登場しました。mBaaS を導入することによって、バックエンドを開発する工数を削減すると同時に、開発にかかるコストも連動して削減することができます。

また、サービスを利用するユーザーが増加した際も、サーバーの増設や再構築などを意識する必要がないなど、管理コストが削減できるのも導入するメリットの 1 つです。

モバイル開発向けプラットフォーム

Firebase は、モバイル アプリケーションの開発に必要な、バックエンド インフラを提供するプラットフォームでもあります。

モバイル アプリケーションを素早くリリースする際に、ボトルネックになるとされているのがバックエンドの開発です。バックエンド インフラを提供している Firebase を導入することは、つまりモバイル アプリケーション開発のボトルネック解決に直結するといえます。

具体的には、バックエンド開発に必要な DB(データベース)の構築や、DB とアプリケーションの連携に必要な API(Application Programming Interface)開発、ユーザーが増えた際に必要なスケーリングの対応などを削減することができます。

クライアント サイドの開発で用いるもの

バックエンドの開発だけではなく、クライアント サイドの開発にも活用することができます。

Firebase では、あらかじめモバイル アプリケーションの運用に必要な iOS、Android それぞれの SDK(Software Development Kit)が用意されています。そのため面倒な認証作業を行う必要がなく、クライアント サイドで数行のコードを準備するだけで、SDK を介して簡単に連携することが可能です。

その他にも SNS 連携など、モバイル アプリケーションの運用に必要な機能が多数用意されています。

Google Cloud とはどのようなもの?


Firebase を含む、Google Cloud とはどのようなクラウド サービスなのでしょうか。

Google のインフラを手軽に使用できるクラウド サービス

Google Cloud は、IT 大手の Google 社が社内で使用しているものと同じインフラやテクノロジーが使えるクラウド サービスの総称です。

世界中にある Google のデータセンターで稼働しているコンピューターや HDD などの物理アセット一式や仮想マシンなどのリソースを元に構成されています。

日々増えている多数あるサービスの中から自社のニーズに合ったサービスを選択して活用することができるため、カスタマイズ性も十分だといえるでしょう。

データ分析や AI 開発などに強い

数あるクラウド サービスの中でも Google Cloud は、MapReduce や BigQuery™ を活用したデータ処理に定評があります。膨大な量のデータを、AI(人工知能)や機械学習などの機能を使って分析・活用することができるため、自社が保有するデータを最大限活用できるようになるでしょう。

サーバーサイドおよびバックエンド開発に用いるもの

Google Cloud は、システム開発に必要なあらゆるサービスを提供しており、サーバーサイドおよびバックエンド開発のあらゆるニーズに対応しています。

システム開発に用いるという点では、Google Cloud と Firebase は同じだといえますが、それぞれ用いる用途に違いがあります。

Firebase がモバイル開発プラットフォームであるのに対して、Google Cloud はコンピューティング、ストレージ、ネットワーキング、データ分析、機械学習などを構成することができるクラウド コンピューティング サービスです。

Firebase と Google Cloud の違いを一覧でチェック

Google が提供するクラウド サービスの 1 つである Firebase と Google Cloud は、どのように違うのでしょうか。それぞれの特徴を、分かりやすく表で解説します。

サービス名 Firebase Google Cloud
対象ユーザー フロントエンド開発者 全ユーザー
使用目的 ・バックエンド開発工程の省略
・バックエンドプロセスの高速化・安定化
・システム全体の高速化
・システム全体の安定化
・システム全体のセキュリティ強化
・開発環境の整備・強化
提供している主な機能 ・Realtime Database(データの即時同期)
・Cloud Firestore™(データ保管・同期)
・Firebase Authentication(認証)
・SaaS(Google Workspace™ など)
・PaaS(Google App Engine™ など)
・IaaS(Google Compute Engine™ など

Firebase の主な機能


フロントサイド、バックエンド開発のあらゆる課題を解決する Firebase には、具体的にどのような機能が備わっているのかを解説します。導入を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

(1)Realtime Database

Realtime Database は、クラウドを経由してデータをリアルタイムで同期できる機能です。NoSQL クラウド データベースを用いて、データの保管から同期までを実行することができます。

また、アプリケーションがオフラインになっている場合であっても、非同期で利用できるため、オフライン環境でも継続して使用することが可能です。この場合、インターネットが再接続されたタイミングでデータが同期されます。

(2)Cloud Firestore

Cloud Firestore は、クライアント サイドの開発データと、バックエンドの開発データを保管から同期できる機能です。Realtime Database と同じく、NoSQL クラウド データベースを用いてデータを保管・同期します。

柔軟な階層型のデータ構造に対応しているため、自社のニーズに合わせて開発できる点が特徴です。また、スケーラビリティが高いことも特徴で、スケーリングの対応などを気にせずアプリケーション開発に専念できます。

(3)Firebase Authentication

Firebase Authentication を活用すれば、ユーザーを認証してアプリケーションにログインさせることが可能になります。具体的には、完全なドロップイン認証ソリューションである FirebaseUI を用いてユーザー認証する方法があります。

また、その他にも Firebase Authentication SDK(Google Authenticator™)を用いることによって、パスワードや電話番号はもちろん、Google や Facebook、Twitter などの一般的なフェデレーション ID プロバイダを用いた認証を実行することもできます。

(4)Google Cloud Functions for Firebase

Google Cloud Functions for Firebase を用いることによって、トリガーされたイベントに応じたバックエンド コードを自動で実行することが可能になります。

トリガーは、Firebase の機能や HTTPS リクエストで発火させることができ、Java Script や Type Script コードをクラウド サーバーに保存し、マネージド環境で実行させます。

Google Cloud Functions for Firebase は、独自サーバーの管理やスケーリングを実施する必要がなく、メンテナンス不要なこともメリットです。

(5)Firebase Hosting

Firebase Hosting を活用すれば、1 つのコマンドを実行するだけで Web アプリケーションをすばやくデプロイすることができます。静的なコンテンツと動的なコンテンツそれぞれを、グローバル CDN(Content Delivery Network)に配信します。

Firebase Hosting はセキュリティ性が高く、安全な接続でコンテンツを配信できることはもちろん、どこのユーザーにも高速でコンテンツを配信できるなどのメリットがあります。

(6)Firebase Test Lab

Firebase Test Lab は、開発したアプリケーションをクラウドベースでテストすることができるインフラです。さまざまなデバイスや構成でテストできるため、実際のデバイス上でどのように動作するかを把握できます。

この機能を用いれば、iOS、Android それぞれのアプリケーションを手軽にテストできます。また、Google のデータセンターで実際に動作しているデバイスを用いてテストを実施するので、動作を正確に把握できるのが特徴です。

(7)Firebase Performance Monitoring

Firebase Performance Monitoring を用いれば、iOS と Android それぞれのアプリケーションのパフォーマンス特性をモニタリングすることができます。

パフォーマンス データは、Firebase Performance Monitoring SDK を用いて簡単に収集することができます。収集したデータは、Firebase のコンソールで確認することができ、レビューと分析に役立ちます。具体的には、アプリケーションの起動時間やリクエストを自動で測定する機能を持ち、またパフォーマンスの改善ポイントを簡単に見つけられるのが特徴です。

また、モニタリングをカスタマイズできるため、自社のニーズに合わせた分析が可能になります。

Google Cloud や Firebase の導入はクラウドエースにお任せ!


本記事でご紹介した、Google Cloud や Firebase を導入する際は、ぜひクラウドエースにお任せください。以下ではクラウドエースを活用して導入するメリットを解説します。

クラウドエースなら Google Cloud の利用料金が 3%OFF

クラウドエースは、Google Cloud 認定プレミア パートナーの中でもたくさんの導入実績を誇っています。そのため、クラウドエース経由で Google Cloud を導入することによって、利用料 3%OFF でお得に利用いただくことができます。

クラウド サービスは、基本的には一度ご導入いただくと長期的に利用するケースがほとんどです。そのため、3%OFF の割引を長期的に見た場合、大幅なコストダウンにつながります。

導入からアフター サポートまでを一括提供

専門性の高いスタッフによる新規導入時のサポートはもちろん、導入後のアフター サポートまで充実しています。また、クラウドエースではお客様のニーズに合わせた 3 種類のサポートプランをご用意しているため、必要に応じたプランをお選びいただくことができます。

  • BRONZE サポートプラン:無料
  • SILVER サポートプラン:月額 1 万円
  • GOLD サポートプラン:月額 4 万円

Google Cloud 専門エンジニアが多数在籍

Google Cloud プレミア認定パートナーであるクラウドエースには、Google Cloud 認定トレーナーが多数在籍しています。また、専門のエンジニアによる相談会やセミナーを定期的に実施しているため、参加していただくことで自社にノウハウを蓄積できます。

クラウドエースは導入実績も豊富!


クラウドエースは、Google Cloud はもちろん Firebase の導入実績も豊富にあります。実際に Firebase を導入いただいた企業の事例をご紹介します。

Firebase でプロ野球速報アプリを開発

Firebase を用いたアプリケーション開発の事例として、株式会社 mediba の事例をご紹介します。

同社はサービスのリアルタイム性を活かした、プロ野球の速報アプリケーション「LIVE プロ野球速報」を開発しました。

「LIVE プロ野球速報」は、12 秒に一度データをクローリングすることによって、リアルタイムに情報を更新します。情報を取得するための取り込みバッチが動作してから、15 秒以内にはアプリケーション画面に反映される仕組みで、ほぼタイムラグなく試合の状況を把握することができます。

Firebase を活用してスマートフォン向け Web 漫画サービスを開発

次に、株式会社 GameWith のアプリケーション開発事例をご紹介します。同社は、国内最大級のゲームアプリ情報・攻略サイトとして名高い「GameWith」を運営している企業です。

GameWith に続いて 2018 年 12 月にリリースされた、スマートフォン向けの Web 漫画アプリケーション「MangaWith」の開発に Firebase を用いています。

同社の担当者は、Google Cloud を導入した効果の一例として、リリース当初プレスリリースやユーチューバーなどの拡散による影響でサービスが一気にスパイクした際、問題なくスケールし、安定稼働したことなどを挙げています。

まとめ

導入する企業が近年増えているクラウド サービスの中でも、Google Cloud と Firebase の違いや主な機能などを解説しました。

これから初めて Google Cloud や Firebase の導入をご検討されている方はもちろん、既に利用しているがもっと有効に活用したい方も、ぜひクラウドエースにご相談ください。

クラウドエースでは、Google Cloud や Firebase を最大限活用していただくことができるように、さまざまなサポート サービスをご用意してお待ちしております。

※ Google Cloud、Firebase、BigQuery、Cloud Firestore、Google Workspace、Google App Engine、Google Compute Engine、および、Google Authenticator は Google LLC の商標です。

合わせて読みたい