こんにちは。クラウドエース編集部です。

クラウド コンピューティングの一種として「SaaS」というサービスがあります。具体的にどのようなサービスを指すのでしょうか。本記事では、SaaS の仕組みとメリットについて、他の類似サービスとの違いにも触れながら詳しく解説しています。

SaaS はクラウドコンピューティングに含まれるシステム


SaaS(サース)とは、「Software as a Service」の略称です。クラウド コンピューティングの一種で、インターネット上に構築された「ソフトウェア」を利用できるサービスを指します。

クラウド コンピューティングとは、インターネット上に構築された IT インフラや、プラットフォーム、アプリケーションなどを利用できるサービスの総称です。

SaaS では、サーバーやネットワークなどの IT インフラだけでなく、その上に構築されたシステムやアプリケーションがひとまとめになった状態で提供されます。

PaaS/IaaS/ASPとの違いを解説

SaaS と意味が似た用語がいくつかあります。特によく用いられる「PaaS」、「IaaS」、「ASP」について、SaaS との違いを確認しましょう。

PaaS とは

PaaS(パース)とは、「Platform as a Service」の略称です。これもクラウド コンピューティングの 1 つの形態で、インターネット上に構築された「プラットフォーム」を利用できるサービスです。

SaaS のように、すでに完成したアプリケーションではなく、アプリケーションを開発する環境が提供されます。

アプリケーションを開発するために必要なデータベースや OS、IT インフラなどの環境がすでに用意されていて、簡単な設定だけですぐに開発を始められます。

IaaS とは

IaaS(アイアース)は、「Infrastructure as a Service」の略称です。これもクラウド コンピューティングの一種で、インターネットを通じて「IT インフラ」を利用できるサービスを指しています。

SaaS や PaaS のようにアプリケーションやシステムが利用できるのではなく、ネットワークやサーバーなどの IT インフラだけが提供されるサービスです。OS の変更も可能で、カスタマイズ性が高く、さまざまな用途に活用できます。

ASP とは

ASP とは「Application Service Provider」の略で、インターネットを通じてアプリケーションを提供する事業者を指す言葉です。

基本的には SaaS と同じ意味を持ちますが、言葉の構造上 SaaS は「サービス」そのものを指し、ASP は「プロバイダ」つまりサービスを提供する事業者を指すという違いがあります。

ただし、その使い分け方は曖昧で、明確に定義されているわけではありません。

SaaS にはどのようなものが含まれる?

SaaS の中には、無料でも利用できる個人向けのサービスから、企業向けの有料ツールまで、さまざまな種類があります。

具体例として挙げられるのは以下のようなサービスです。

  • Gmail™ などのメールサービス
  • Twitter や Instagram などの SNS
  • Google Drive™ や One Drive などのクラウド ス・トレージ
  • Office 365 などのクラウドツール

メールアプリや SNS などの身近なサービスも、システムやデータをクラウド上で管理する SaaS の一種です。

インターネット上でファイルを保存・共有できるクラウド ストレージは、インターネット上のサーバー領域という「インフラ」を利用しているようにも見えますが、OS から自由に構築できるわけではないので SaaS に該当します。

従来は PC にインストールして使う「オンプレミス型」のみだった Office ソフトも「Office 365」というクラウド型が登場しました。Office に限らず、会計ソフトやホームページ制作ツールなど、かつてはオンプレミスが主流だった多くのソフトウェアがクラウド化しています。

クラウドコンピューティングを導入して業務を効率化しよう


SaaS をはじめとするクラウド コンピューティングを導入することには、どのようなメリットがあるのでしょうか。業務の効率化につながる 3 つのポイントを紹介します。

社内サーバーの構築・運営が不要

クラウド コンピューティングを利用することで、社内にサーバーを保有する必要がなくなります。

高性能なサーバーを購入するためには多額のコストがかかり、セットアップの手間も必要です。一方、クラウド コンピューティングなら、高性能なサーバーを購入した場合と同じ環境を、契約してすぐに利用できます。SaaS なら、必要なシステムやアプリケーションがすでに用意され、構築する手間も必要ありません。

クラウドと社内サーバーを併用するとしても、社内サーバーだけで全てのシステムを構築する場合と比較して、コストと手間を削減できます。

メンテナンスフリーで最新のシステムを使える

システムの更新や、インフラのメンテナンス作業の手間がかからないというメリットもあります。

オンプレミス型システムの場合、ソフトウェアを最新バージョンへ更新する作業が定期的に必要になり手間がかかります。老朽化したサーバーやネットワークの交換・メンテナンスも必要です。

一方、クラウド コンピューティングの場合は、システムの更新やインフラの整備を行うのはサービスの提供会社です。自社で更新やメンテナンスをする必要がないため、手間やコストの削減にもつながります。

インターネット環境があれば場所を問わず使える

クラウド コンピューティングは、インターネットに接続できる環境さえあればどこからでも利用できるため、業務の効率化に貢献します。

オンプレミス型ソフトウェアの場合、それがインストールされた端末が手元になければ利用できません。データを共有するには、メールで送信したり、USB メモリなどで持ち運んだりする必要があります。

一方、SaaS などのクラウド コンピューティングはブラウザで動作し、端末の OS を問わずスマートフォンやタブレットでも利用できるものが多くあります。データがインターネット上に保存されるので、別の場所や端末からでも、同じデータにすぐにアクセスできます。

クラウドに関するご相談はクラウドエースへ

クラウド コンピューティングを適切に導入するには、高度な専門知識が求められます。クラウドエースにご相談いただければ、導入から運用、使い方のトレーニングなど、クラウドに関するトータル サポートが可能です。クラウドエースのサービス内容について、4 つの特徴をご紹介します。

Googleの技術搭載「Google Cloud」が導入できる

クラウドエースは、Google 社のクラウド サービス Google Cloud™ のプレミア パートナーに認定されています。

Google Cloud は、Google と同じ IT インフラとテクノロジーが利用できるクラウド サービスです。Gmail™ や YouTube™ などの世界的な Google サービスを支える技術を利用できます。

クラウドエースは認定プレミア パートナーとして、その導入をサポートするサービスをご提供。サポート料金は無料からでもご利用いただけます。

導入時のみならず導入後も強力にサポート

クラウドエースにご相談いただければ、クラウド導入開始時のサポートやご相談だけでなく、その後も適切に運用できるよう強力にサポートいたします。

クラウド サービスには、SaaS をはじめいくつかの種類があり、どのタイプが適しているかは、組織体制やビジネス形態によってさまざま。Google Cloud にも豊富な種類のサービスがあり、自社に合ったものを選ぶには、専門的な知識が必要です。

クラウドエースでは、お客様が適切なサービスを選択し、効果的に運用できるようお手伝いいたします。

実績が豊富で信頼性が高い

クラウドエースは、1,000 社以上から選ばれている信頼性が高いパートナーです。

NEC ネッツエスアイ株式会社様や、SB イノベンチャー株式会社様など、IT 事業を専門とする企業様にもご相談をいただき、Google の最新技術に関するトレーニングを提供しています。

豊富な実績によって蓄積されたノウハウに基づく、高品質なサービスを提供可能です。

クラウドエースで Google Cloud を導入するメリット

Google Cloud に直接契約するのではなく、クラウドエースのサポートを受けながら利用することには、どのようなメリットがあるのでしょうか。3 つのメリットを紹介します。

Google Cloudの使用料金が3%OFF

メリットの 1 つは、直接契約する場合と比べて、Google Cloud の全サービスの使用料が 3%OFF になることです。

クラウドエースの利用料金については、初期費用・月額料ともに無料のプランを用意しているので、直接 Google Cloud を利用するよりもコストを抑えられます。

技術支援・開発支援が充実

クラウドを活用して、どのように開発を進めれば良いのかなど、技術的な相談ができることもクラウドエースの強みです。アプリケーション開発や、ビッグデータ分析基盤の構築など、高度な専門知識を必要とする業務の技術支援サービスを提供しています。

Google Cloud 専門のエンジニアが多数在籍しており、最新技術に精通したスタッフによる確かな技術力によって、お客様の課題解決のサポートをいたします。

必要に応じてサポートプランを選べる

クラウドエースでは、サポートプランを 3 つ用意しており、お客様の必要に応じてサービス内容と料金をご選択いただけます。

  • BRONZE サポートプラン:無料
  • SILVER サポートプラン:月額 1 万円
  • GOLD サポートプラン:月額 4 万円

「BRONZE サポートプラン」は、最低限のサポート サービスと、障害発生時の損害保険、円建てによる支払い代行のサービスが付属しています。

「SILVER サポートプラン」は相談できる内容の範囲と回答スピードが強化され、「GOLD サポートプラン」ではさらに、障害発生の原因調査などの手厚いサービスが追加されます。

まずはお試しとして、無料プランからでもご利用ください。

クラウドコンピューティングを活用してビジネスを円滑に進めよう

SaaS をはじめとするクラウド コンピューティングは、ビジネスを円滑に進めるために役立つ便利なサービスです。高度な専門知識を必要とする面もありますが、クラウドエースのサポート サービスをご利用いただくことで、スムーズに導入できます。コストを抑えて Google Cloud を利用するためにも、ぜひクラウドエースにご相談ください。

※ Google Cloud、Gmail、Google Drive、Gmail、および、YouTube は Google LLC の商標です。

合わせて読みたい