クラウドはどれを選んだらいいのか、迷っていませんか?

パブリッククラウドにはGoogle Cloud Platform以外にも様々な種類があります。Amazon社の「Amazon Web Service(AWS)」や、Microsoft社の「Azure」等がそれにあたります。しかし、その機能や仕様については比較が難しく、「どれを選んだらいいのか分からない」という声もよく耳にします。ここでは、GCPとAWS・Azureは何が違うのか。どんな方にGCPは向いているのかを徹底比較し、解説いたします。

GCPを選択した方が
メリットが大きいケース

  • ケース

    G Suite(Google Apps) や Google API等、
    Googleサービスを利用している

    G Suite(Google Apps) 利用企業であれば、サーバー管理者のアカウントは G Suite(Google Apps) のユーザー管理と連携することが可能になり、アカウント管理の煩雑さから解放されます。

    また、 Google Map API やadwordsのリアルタイム入札等、 Google のAPIを利用する場合は、インターネットを通過せず Google のネットワーク内で処理が完結するため、エラー割合も低く、遅延が少なくなります。

    新感覚のショッピングアプリをGCPで構築

    SBイノベンチャー

    SBイノベンチャー株式会社様では、お気に入りのアートでオリジナル・グッズを簡単にデザインし、1点から購入できる、新感覚のショッピン...

    • ウェブサービス
  • ケース

    サーバー負荷のピークが変動する

    Google Cloud Platform(GCP) は1ヶ月単位で自動的に継続割引が適用される形式となっているため、季節によりピークが変動するようなWEBサイトを運営している場合は、サーバー費用の割引メリットが大きくなります。
    ※AWSの場合は割引適用のためには長期契約が必要となるため、ピークが変動するサーバーでは割引を適用しにくくなります。

    ゲーム基盤を支えるGCP

    ファイブスターズゲーム株式会社

    ファイブスターズゲーム株式会社様はオンラインゲーム・アプリケーションの企画、開発、運用をしており、協業開発から受託開発、運営委託等...

    • ゲーム
  • ケース

    突然のスパイク(急激なアクセス増)への対応が必要である

    Google Cloud Platform (GCP) では、プレWarningなしで突然のスパイク的なトラフィックに即座に対応するよう設計されています。
    ※AWSの場合、突然のスパイク的なアクセスを適切に扱う設計になっておらず、事前にAWSにプレWarning申請を行っておき、想定リクエスト量に対応できるように準備しておく必要があります。

    クリエイターとファンを結ぶ架け橋「ファンティア」をGCPが支える。

    株式会社虎の穴

    株式会社虎の穴様は、漫画・玩具・個人出版物・アニメグッズの店舗販売・通信販売、漫画の企画・編集、キャラクターグッズの制作等を行って...

    • レジャー・エンタメ
  • ケース

    グローバル展開を行なっている

    グローバルネットワークは Google がAWSを圧倒しています。リージョンを跨ったネットワークI/OはAWSよりも断然速くなります。また、同じグローバルIPアドレスでマルチ拠点でアクセスできるというメリットもあります。

    データ利活用による付加価値創出における BigQuery™️ の必然性

    オムロン ヘルスケア株式会社

    オムロン ヘルスケア株式会社について オムロン ヘルスケアは、健康医療機器および健康管理サービスを開発し、個人や医療機関、自治体・...

  • ケース

    BigQueryを使いたい

    Google のBigQueryは、低価格で大量のデータに高速にクエリを実行することが可能です。もちろん、AWSから Google BigQuery にアクセスすることも可能ですが、AWSからGoogleへの転送量が別途必要となるため、BigQueryを利用するなら、 Google Cloud Platform (GCP) への移転を検討した方が良いかもしれません。

    WEBサイト来訪企業解析ツールを GCP で構築。高速、安定なデータ解析を実現。

    株式会社リーディングソリューション

    株式会社リーディングソリューション様(以下、LS)では、業界唯一のBtoB企業向けWEBサイト来訪企業無料解析ツールLeadAna...

    • ウェブサービス

AWSを選択した方が
メリットが大きいケース

商用ライセンスの正式サポートが必須である

AWSは古くからサービス提供を行っていることもあり、商用ライセンスのサポート範囲が広くなっています。Windowsやoracle等の商用の正式サポートが必須の場合などはAWSを利用した方が良いかもしれません。Google Cloud Platform (GCP) でも対応可能な場合があります。お気軽にお問い合わせください。

サーバーを細かくカスタマイズしたい

AWSでは、「サーバー容量を変更せず、帯域だけ追加する」等、サーバーを細かくカスタマイズすることができます。オプション料金がかかるため、費用的に大きなメリットがあるわけではありませんが、サーバー仕様として細かいカスタマイズが必須の場合はAWSを選択された方が良いと思われます。

日本語ドキュメントが豊富に欲しい

AWSは、導入実績も多いため、日本語による記述文書も豊富にあります。 Google Cloud Platform (GCP) もグローバルシェアでは15%程度確保していますので、ドキュメントは豊富にありますが、その多くが英語ドキュメントとなっています。

一定負荷のサーバーを長期にわたって利用する

AWSでは、3年間の長期契約を行い、前払いをすることで、大きな割引を適用することが可能です。そのため、サーバー負荷が変わらず一定で、かつ、長期間利用することが前提であるならば、AWSを利用することで大きな割引を受けられる可能性があります。

Azureを選択した方が
メリットが大きいケース

商用ライセンスの正式サポートが必須である

AWSは古くからサービス提供を行っていることもあり、商用ライセンスのサポート範囲が広くなっています。Windowsやoracle等の商用の正式サポートが必須の場合などはAWSを利用した方が良いかもしれません。Google Cloud Platform (GCP) でも対応可能な場合があります。お気軽にお問い合わせください。

サーバーを細かくカスタマイズしたい

AWSでは、「サーバー容量を変更せず、帯域だけ追加する」等、サーバーを細かくカスタマイズすることができます。オプション料金がかかるため、費用的に大きなメリットがあるわけではありませんが、サーバー仕様として細かいカスタマイズが必須の場合はAWSを選択された方が良いと思われます。

GCPを自社のサービスに活用しませんか?

クラウドエースでは、GCP活用のためのの総合支援サービスを行っております。

  • 支払代行サービス

    クラウドエース経由で GCP をご利用いただくと、GCP 利用料が3%OFF、サポートと保険もセットになります。

    詳しく見る
  • GCPが選ばれる理由とは

    実際にお客様が GCP の導入を決める上で決め手となる理由をご紹介します。

    詳しく見る
  • クラウドエースの強みとは

    国内初の GCP プレミアパートナーとして、多くの実績をもつクラウドエースは他社と何が違うのか!?

    詳しく見る
無料セミナー申し込み